CATEGORYオリジナルDOGブランド



mumu famille


「犬の健康を真剣に考えたペットブランド」
ムムファミーユ


犬は本来、30歳くらいまで生きられる遺伝子を持っています。
お客様の愛犬や家のラブラドールたちに20歳以上生きてほしいと願って、カラダや病気予防の勉強をしていくうちに、市販ドッグフードやシャンプーを安全安心とすすめても、長期欠品を起こされたり、リニューアルのたびに品質は落ちるのに価格はどんどん上がっていくことも不思議に思いました。

そして、メーカーに疑問や限界を感じるようになって、経験や知識に自信があるなら、後悔しないドッグフードやシャンプーを作ろうと思いました。病気に悩んでいる愛犬相談も多いので、栄養や健康アドバイスが得意なお店です。


病気になると完治というよりも、症状を抑えたり、痛みを軽減させる治療が優先になっていきます。愛犬に免疫力があれば、回復に向かいますが、治療中にストレスや免疫低下が勝ると、体内に栄養を摂り入れにくい体質になり、いつまでも薬を手放すことが出来ません。


【振り回されていませんか。】情報とか、、
アメリカ・カナダ・ドイツ・フランス・イギリス・スウェーデンは、家畜の狂牛病やスクレイピーが発生して、これらのペット先進国ドッグフードは無添加と言いながらも合成成分を添加しています。日本で売れている以上の高品質ドッグフードを海外で見つけても、日本は輸入が1番厳しい国のため、成分で輸入許可がでないのでもっと良いものを手に入れるには、管理が出来る北海道で作るしかありませんでした。


【穀物不使用ドッグフードの矛盾】
「犬は肉食!炭水化物は消化出来ないから、穀物ドッグフードは体に悪い。」と、フードメーカーは言っても、グレインフリー原材料に、沢山の野菜や果物が入っています。フリーズドライ生食を強調しているジウィピークやK9ナチュラルでさえ、野菜や果物を沢山使用しています。

炭水化物は、野菜や果物にも山ほど、、含まれています、、、

原材料に野菜、果物を入れてしまうと、全体の配合量で肉は減ります。肉よりも野菜や果物を沢山入れるのは変ですね。

人は毎日野菜や果物を食べるので、フードに使用されていると、「健康で体に良さそう」と思えるイメージがあります。しかし、ワンちゃんのために食事選びは大切です。


なぜ、穀物にこだわるのか。炭水化物は生命維持のエネルギーや新陳代謝に必要だから。ノーグレインよりも200年以上の歴史があり、必須アミノ酸の配合量でアレルギー症状が出るほど使っていないからです。



【シャンプーやコンディショナーは弱アルカリ性を使っていますか?】
犬の皮膚はPH8.0で、同じ弱アルカリ性を使用しなければ、皮膚を傷めたり、汚れも落とせません。弱酸性シャンプーは、合成界面活性剤洗浄。皮膚に残りやすく、すぐに汚れを付着させる性質もあるので痒がりの原因にも。弱酸性シャンプーは汚れが落ちなくても、シャンプー直後は毛穴を引き締めるので一時的には良い仕上がりに見えても、脂汚れが落ちていないのですぐに皮膚が酸化して毛玉や体臭、痒がりの原因になります。


家のお店で開発したシャンプーは、石油系成分、着色料、人工香料、化学増粘剤、アレルギーの原因になる化学物質を配合していません。もちろん、動物実験もNO!

「天然成分をうたっている商品の多くは、洗浄成分だけが植物性でそれ以外の香料などの成分は石油系化学物質を使っているモノがほとんど」です。

排水に流すと3日以内に100%洗浄力を失い、約1週間後99%以上が生分解して、ほぼ自然物質に戻ることのできる安全な製品です。そのため水中生物や、環境に影響を与えることがほとんどありません。だから、愛犬の皮膚や毛にとても優しい。


ペットブランドに大切なこと。それは信頼。


健康について表面的なアピールではなく、栄養を摂って有害成分を体に入れないことが大切という真剣な想いがあるから、「愛犬は大切な家族」と思う飼い主様へわかりやすくご説明させていただきます。


表示順 : 
表示件数:1~5 / 5

CALENDARカレンダー

2021年09月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 発送の定休日
  • お店の定休日